講師紹介/Textile Dyeing Artisan


山本加代子 Kayoko Yamamoto

30年ほど前に沖縄の伝統工芸である紅型染に出会いました。紅型の図柄の色、力強さに表現される、日本の伝統的な美の世界に魅せられ、「型染絵の美しさ」として、図柄、染め、表現方法を私なりに工夫を加えてきました。型染の染色方法は図柄を描き、渋紙に彫ります。そしてそれを型紙にして、生地を乗せ、糊をヘラで置きます。糊のついていない図柄に顔料などで数回に渡り刷り込みます。色地の場合は、植物染料で染めます。自然染料なので年とともに退色していきますが、これが日本風で言うところの枯れた色相になり私は好きです。染め上がった作品は、額絵はもちろん、帯、着物、袋物、暖簾等に仕立てたり、型染絵を掛軸、屏風、巻物に仕立てたり。日本の伝統を感じさせながら、「和」の形にとらわれない。昔ながらの日本家屋にも、現代の建築にも合う型染めをこれからも表現していきます。

A Bingata artist for over 30 years, she has held exhibitions all over the world and won several awards.

PAGE TOP