紅型染めとは?What is BINGATA ?

紅型は、沖縄が琉球王国の頃から受け継がれている、伝統的な染色技法です。もともと中国、日本、東南アジアの文化の影響を受けて進化してきました。紅型の名前は、手で切った紙やフリーハンドでの染める方法に由来していると言われています。伝統的に、紅型は沖縄でしか見ることができない素晴らしい景観を元にデザインされています。
Bingata is a dyed cloth artform from Okinawa when Okinawa was the Ryukyu kingdom. Bingata has evolved originally under the influence of cultures of China, Japan and Southeast Asia. The name of Bingata derives from the method of dyeing by hand-cut paper pattern or free hand. Traditionally, Bingata is designed based on a wonderful landscape which you can see only in Okinawa.

news

PAGE TOP